Another TOKYO TAMAもうひとつの東京、多摩

糸工房「森」

江戸時代に全国的な人気を誇った秋川流域の絹織物・黒八丈。 ヤシャブシという木の実と秋川の泥を使って染め上げるこの技法は、明治時代に一度は失われたものでした。 あきる野市の糸工房「森」では、時代と共に忘れ去られた技法を独学で復活させ、現在は「五日市染」と名付けて展示・販売をしています。 かつて花柳界を彩り、現代に蘇った粋な黒を五日市で手に入れてみませんか?
〒190-0142 東京都あきる野市伊奈1129
 
トップへ