Another TOKYO TAMAもうひとつの東京、多摩

大國魂神社「酉の市」

武蔵国の守り神である大國魂大神を祀る、府中市の「大國魂神社」。同社では11月6日・18日・30日、酉の市が開かれます。

毎年十一月の酉の日、全国の大鳥神社で行われるお祭りに、商売繁盛を祈って立つ市のことを「酉の市」といいます。酉の市では、福徳をかき寄せる、福をとり(酉)寄せるというところから、おかめや千両箱などの飾りが付けられた熊手を、縁起物として求める参詣者の姿が多く見られます。

最初の酉の日を一の酉(初酉)、次を二の酉、その次を三の酉といいますが、この一の酉、二の酉というのは、一番目の酉の市、二番目の酉の市という意味です。一の酉が月初めにある年は、三の酉まであり、そういう年には火事が多いという俗信があります。

開催:11月6日、18日、30日
時間:6:00~24:00

住所:東京都府中市宮町3-1
アクセス:京王線「府中」駅から徒歩約5分/JR・南武線・武蔵野線「府中本町」駅から徒歩約5分
問い合わせ:大國魂神社(042-362-2130)

トップへ