Another TOKYO TAMAもうひとつの東京、多摩

小机家住宅(喫茶室 安居)

小机家住宅は五日市方最古の和洋折衷様式の住宅。江戸時代後期に山林業で財を成した小机家によって明治8年頃に建てられたそうです。この家を建てた第7代当主小机三左衛門は、明治の文明開化の銀座煉瓦街の洋風建築に大いに刺激され、建築に当たって洋風列柱廊や2階バルコニーなどを模して建築したと伝えられています。公開は11月3日頃の東京文化財ウィーク期間中のみとなっていますが、館内の喫茶室は期間外でも入店することができます。

〒190-0162 東京都あきる野市三内490

トップへ